津波避難地下シェルター研究室

間仕切り式2段ベツト (Bed type A )


避難所内で区画間仕切りが可能な2段ベツト(特許の明細)

日本人は、雑魚寝が大好き??



 最近、ダンボール製のベッドが流行っているようであるが、確かになにも無い体育館での雑魚寝を回避するためには、そこそこいいものなのかもしれない。




  ( 防火対策上で非常に危険な段ボールベッドの    解説は、こちらから)  

             ↑
    立ち止まって、考えることはしないのか??  ( 燃焼実験  test )







 しかし、東日本大震災において、避難所での生活が18か月に及んだ市民がいたことを考えると、あまり有益なものとは言えない。




そこで、小学校の体育館内で20〜100個ユニットを連結することで避難生活においてプライバシーが守られて中長期の暮らしが快適になるベッドを考案した。



避難所で使用するtype Cのベッドも開発をし、試作品製作中である。




 国内の地方自治体は、雑魚寝を推奨している観がある。高齢者、障害者、病人などの人々に配慮が必要である。





 間伐材を利用して、林業への貢献も考慮した !





骨組み組立完成  !






                                                  (写真の無断転用は禁止する)




ベッドカバーも取付完了 !!  避難所で二段ベッドを!!





 複数のユニットを連結することにより、家族4人で使用






                                                                               (写真の無断転用は禁止する。)



 避難所生活に於いて、女性目線での要求が多々存在している。




 着替え等を始めとして、男女のエリア分けが提案されている。




 そういった要求にも当研究室のベッドは、避難所において、十二分に対応が可能な二段ベッドである。






 木製T型は、7月末で完売しました。





 鋼製ベッドで製作作業中です。



 木製ベッドの販売を延期にした理由は、こちらに記載しました。








                                                                                                              (写真の無断転用は禁止する。)



the two-steps bed in which a Partition is indoors possible

In the East Japa earthquake disaster which generated the point,theelderlypeoplewho passedawayasabasisdidthemultiplegenerationofthefatigueatthe life ofthe shelter.Itcanstillbedeclaredthatisaccumulationofthe fatigueofmind andbody basedonthesleep-bundled-together-in-a-roomlifeof the coldtimeofMarch,thecolddistrictcallednortheast,anunfamiliargymnasium,etc.
Considerationofthemaincauseswillraisewithtsunamiaccumulationofmentalfatigueofhaving lost all,thelackofsleepbymiscellaneoussleepbundledtogetherinaroominanunfamiliarevacuationarea,etc., for elderlypeople.Moreover, itwasalsooneofthecauses ofdeathtobebasedoninfectionbasedonanovercrowededpopulationlife,such asinfluenza.
It does not openbecometorestquietlyintheovercrowdedsituationinapopulationinthedaytime. If itisahealthyyouht ,itmaybe possibleone.
For elderly people, it will become very severe. Also in the future,evenifitlivesalifelong in a tsunami countemeasure shelter etc. with much trouble,theactualrefugelife in a shelter is too miserable in severe ones.
Probably , the dying elderly people by fatigue of mind and body, etc.wereabletobevainly reduced , if it carried out even for a time and the two-stepbedinwhichthisPartition is possible has been used indoor [ of the shelter ] .