津波避難地下シェルター研究室

地下シェルターと言えるか? (Is this a shelter?) vol.2


 さて、この物置と言うべきか倉庫と言うべきか明白で無い物を津波避難用の地下シェルターとして使用しても安全な物かを検証する。



 もし、地下埋設をした場合のイメージ図面を提示する。





                                                                                                                             (Unauthorized use of drawing is prohibited)




 まず、vol.1で検証に使用した事例を利用して、建物内部の地下に埋設する場合に受ける土圧を計算してみる。




 タンク本体は、D=1930mm , L= 2828mmものを前提とする。


 水平投影面積は、約4.56u となる。





                                                                                                                          (Unauthorized use of drawing is prohibited)



 上記のサイズのタンクを内部埋設か可能な建物の床の面積は、

W=2730 , L=3640mmと言うのが一般的に考えられるサイズである。

 そうすると、建物の床面積は、9.94u となる。この2階建ての総重量を計算する。





                                                                                                                             (Unauthorized use of drawing is prohibited)



 重量の根拠は、こちらを参考とした(建物の重量+家財道具を含む)
 
  (その他の参考できるサイトは、こちら)

 9.94u × 600Kg/u =約 6.0 tonとなる。



 下の図を参考にすると、黄色の部分は約30パーセント程度なので


 6.0 ton × 0.30 (30% ) =2.0 ton となる


                                                                                                                           (Unauthorized use of drawing is prohibited)



  以前、このメーカーに直接電話をして確認したことがある。



 [ 建物の内部地下に埋設しないのか ? ]と質問した。



 [ 建物の重量を受ける耐力がないので、建物の荷重を受けないように半分埋めることにしている。]




 更に、埋め戻しの土量の計算をする。


 この続きは、vol.3へ