津波避難地下シェルター研究室

陸上フロートの高速復興速度(Fast restoration work )


 ここでは、現在東北の復興速度があまりにもおそいので、短期間に復興が可能な当研究室の発明の説明を行う。



 まず、当研究室の発明した陸上フロートが最悪の状況で終わったことを示す。



 住民は、脱出エントランスがあるので、安全に屋外へ脱出することが出来る。



 この脱出エントランスが、他の発明等には全く装備されていないが、当研究室は二重、三重の安全を考慮に入れている。




 
                                                                                                                                (Unauthorized use of drawing is prohibited)






 個別具体的な復興の日程が決まれば、大型クレーンを搬入する。






                                                                                                                                (Unauthorized use of drawing is prohibited)




 震災により地盤沈下が発生する場合があり、1m程度水没することを前提として、復興工事を進める。





 ステージ1は、一番海抜が低いので、1m以上水没している可能性が高い。





 そこで、5m程度海抜の高いステージ2大型クレーンをセットして作業を行う。



 工事は、陸上フロート本体が、もとの 位置にセットできれば完了である。





 時間の経過とともにステージ1の水没が浅くなれば、順次大型クレーンを海抜の低いステージへ移動して工事を進める。





                                                                                                                                (Unauthorized use of drawing is prohibited)






 今回の図面では、説明と全く同じ内容ではないが、工事全体のイメージがつかめれば良いと判断した。






 この方法を使用すれば、陸前高田市 ( Rikuzentakadain iwate prefecture )のごとく、茶番な造成工事を行うことは全くない。
                                   ( Stupid land preparation ! )





 素人から見ると安全性が完壁と思わせられる不必要な防潮堤

( Unmecessary tide breakewater ! )