津波避難地下シェルター研究室

核シェルター no.2 ( Nuclear shelter 2)


核シェルターへ避難することが出来き、直撃波を回避できたとする。



その後、7日程度を地下シェルターで退避した後に、場外へ脱出しなければならない。




放射性物質は、化学物資と異なり、燃やして酸素と結合させたり、他の物質と化学反応をさせて、激減させることはできない。




核物質が、自然崩壊するのを待つしかない。しかし、その時には、α,b,γ線,及び中性子を常に放出している。




核爆弾が、炸裂した場所では大気中や土壌、建物などすべてが高濃度に汚染されている。




その中を防護服防護マスクを着用して汚染された大気に曝されることになる。





                                                                                                                              (Unauthorized use of drawing is prohibited)




また、防護服マスクを避難人数分を備蓄などで準備が必要である。



またさらに、避難用の自動車は、完全に密閉されたものかも疑わしい。




そしてさらに、安全な場所へ自動車によって移動する時間も、中性子γ線などが体内を通過する。




たった1週間程度、地下シェルターに避難していても、放射性物質の半減期が7日よりも短いものは、確かに減衰している。




しかし、殆どの放射性物質は、7日程度では全く減っていない




7日後に、避難車で脱出するときも、当然に被爆に曝される。




自動車全体が鉛シートで覆われたものならば、少しは安全かもしれないが ?



まず、不可能と考える。





                                                                                                                              (Unauthorized use of drawing is prohibited)




このように具体例を出して説明すると理解が可能である。




内陸地でやむ負えない場合を除き、当研究室の地下核シェルターの方がいかに優れているかが分かる。






                                                                                                                               (Unauthorized use of drawing is prohibited)





一見、アニメーションのように思われるかもしれないが、建設工事や防災対策について見識の高い技術者ならば、当方の主張が如何に優れているかを十二分に理解できよう !





 潜水艇が高額 !! と言われるかもしれないが、仮に一艇で5億円としよう。






 陸前高田市で建設された無意味な防潮堤が、1,550万円/ 1m当たりである。
 

  500,000,000 円÷15,500,000 円 = 32.3mである。





こういう潜水艇を建造することが、高い買い物になるのか?

 

平時は、地元の観光資源(Tourism resources)としての利用が可能である。




なんとも、画期的なアイデア(Breakthrough ideas)である。



漁業組合が運営して、海女さん(Sea lady)の漁猟を観光資源で見学させるとか。



 平常時の使い方は、いろいろある !