津波避難地下シェルター研究室

盛土、10m ???? ( Embankment ) vol. 1


 震災から6年経過した 。  

 [ 盛土、10m  ] と息巻いていた有名市長も最近テレビ等で見かけなくなったので、ほぼ完成したかと思い、ネットで検索してみた。


 陸前高田市である。



 未だに、大して進んでいない。


It is a farce construction work!




 同様に、南三陸町も市長がテレビで復興をアピールしていたので調べてみた。


 ごく一部の商業施設のみが、復興できている感がする。



 当研究室は、盛土高は5m程度と推奨しているが、約2倍の高さの盛土をすることが、如何に大事かを説明する。




 まず、素人的には、高さが二倍だから、運んでくる土の量も2倍だと勘違いされる。



初めに、10mの盛土と5mの盛土の土量の違いと、敷地境界の後退する距離を確認する。





 下記の事例は、標準断面にすぎない。土量および敷地境界線が後退する。





                                                                                  (Unauthorized use of drawing is prohibited)




 盛土量だけでなく、従来の宅地面積を確保する為には、とんでもない数量の土が必要となる。





敷地として使用できない法面を作るために、余分に多大な土量が必要となる。






これが、復興の遅れの最大の原因。






   10mの盛土のみを表示すると。



   14mも境界線が後退する








                                                                                 Unauthorized use of drawing is prohibited)





 破線で表記したように、コンクリート擁壁を使用すれば、敷地境界線の後退は、少なく済むが、陸前高田市の写真など見ると、法面工法が選択されている。






 続いて、5mの盛土のみを表示する。



 5mの盛土にとどめておけば、敷地の後退も半分で済む。



 当研究室の津波避難地下シェルター造成工法を取り入れれば、5mの盛土で津波対策が完了する。






                                                                                  (Unauthorized use of drawing is prohibited)





政府と国土交通省は、どうしても原始的かつ稚拙な方法を継続したいらしい 
!


ネット上でも、市民がこの盛土についてはあきれ果てている書き込みをよく目にする。



当研究室は、ホームページの開設以来、5m以上の嵩上げには反対している。

 

  このような形式でも、災害対策は可能である。


  この工法は、5m程度の盛土で十分に機能する。
 


 また、このタイプの地下シェルターシステムは、核爆弾による避難にも対応が可能である。




                                                                                                                             (Unauthorized use of drawing is prohibited)



  次の工法も、5mの盛土および鋼製のフロートを製造だけである。



  コンクリート擁壁も5m程度ならば、通常の宅地造成やゴルフ場の造成でも頻繁に行われているものと同程度の規格である。


  東北の地元の中規模の建設会社でも建設が可能である。





 陸上フロート擁壁工事のコンビネーションで工期の短縮が可能なタイプ

                       


                                                             (Unauthorized use of drawing is prohibited)



挙句のはてには、ピラミッド(Pyramid) ばかり !