津波避難地下シェルター研究室

高知県のシェルターno.3


ついに、確認できました。




                                                     (テレビ高知提供)




 写真から判定すると、水密性能はかなり低いと思われる。



 扉と框との密着性を確保する構造になっていなように思われる。




 確かに、瓦礫の衝撃を回避するためには、強靭な扉は必要である。




 しかし、写真から判断すると、水密性能は非常に低いことが明白である。



 安全であるならば、扉の水密試験の結果を公開するべきである。








 
 下記に写真を提示して説明する。



 この写真は、市の下水道局の地下ポンプ室の出入り口のものである。



  地下ポンプは、海抜マイナス5〜6mの位置にあるので、地表面が水没しても地下のポンプは水没されないような設計である。





  たかがポンプ室でさえも、扉と框の密着度については、NK等の水密試験を合格するような仕様となっている。







                                                                                                                      (写真の無断転用は禁止する)






 水密扉の水密性能を左右するのは、扉と框の強度と、この2つを挟み込むクリップの密着性能である。





  津波シェルターの扉で耐水圧が20m以上となると、クリップは6個程度では不足であり、2倍の12個以上必要となる。





下記の図面では、赤色で塗りつぶした。





                                                                                 (Unauthorized use of drawing is prohibited)




 この点については、特許出願の時点において、妥協しなかった重要な点である。