津波避難地下シェルター研究室

地上脱出口の考察 ( no.3 )


完ぺきな対策と言えないが、東日本大震災を解析して、現段階において地上での自力での脱出可能性を最大となるように開発した当研究室の地下シェルター。

※ typeA を参照


 避難者が屋外へ脱出できない場合に於いても、水密ハッチを脱着することにより酸素の確保可能となる。5mmの隙間さえ確保できれば、延命が可能となる。




 前例のno,1及びno.2と大差ないように思われるが、自衛隊などの救助までの酸素を確保できることが、他のシェルターと大きく異なる発明である。




                                                           (Unauthorized use of drawing is prohibited)





 また、瓦礫を避けて水密ハッチを着脱できれば、自力により屋外に脱出が可能なシェルターとして開発した。




                                                           (Unauthorized use of drawing is prohibited)